( )

テーマの作成

テーマフォルダの作成

テーマはwp-content/themes/の中に入っています。中を見てみるとフォルダがいくつか入っているかもしれません。これは WordPress 公式テーマ(2019年のテーマなので twentynineteen )になります。今回はオリジナルで作るので、削除しても構いません。

それでは、wp-content/themes/の中にテーマフォルダを作成しましょう。ここでは仮にwp-content/themes/sample-theme/という名前で作成しておきます。

しかし、これだけでは WordPress にテーマフォルダと認識されないため、wp-content/themes/sample-theme/の中に下記2つのファイルを作成してください。

テーマフォルダに必須なファイルの作成

(1)styles.css

テーマの設定ファイルです。ファイルを作ったらまず最初の行に下記を記述してください。

/* 
Theme Name: テーマの名前
Theme URL: テーマのドメイン
Description: テーマの説明
Author: 作成者
*/

「このテーマはこういう名前で、こういう人が作っています」という情報を記述しておきます(この情報は 管理画面 > 外観 > テーマ から確認できます)。他にも記述できるものはありますが、詳細は公式リファレンスを参照してください。たまに公式テーマを改造して作った時にこの箇所をそのままにしている方もいますが、直しておきましょう。

あくまでも css ファイルなので、読み込ませればサイトで使用する css を書くことも可能です。

(2)index.php

WordPress ではページ表示の元になる「テンプレート」を作成していきますが、読み込むテンプレートが無い場合は最終的にこの index.php が呼ばれることになっています。なので最低このファイルだけあれば WordPress として成り立ちます。とりあえず、中身は空でも問題ありません。

テーマの有効化

ファイルを作成したらアップロードしましょう。その後、WordPress インストール時にアクセスした/wp-adminから管理画面にログインします。サイドバーの「外観」から自分のテーマを選び有効化しましょう。とは言え、まだ何もないテーマなので、サイトを表示しようとしても真っ白なページが出るだけかと思います。

サイト情報の変更

WordPress インストール時にサイト情報を入力したと思いますが、変更したい場合はサイドバーの「設定」>「一般」から変更できます。まずここをしっかりと設定しておきましょう。

これで WordPress のテーマを認識させることが出来たので、テンプレートを作る準備が整いました。次回はテーマの核となるテンプレートをそれぞれ作成していきます。

関連記事