Javascript

Javascript で手っ取り早く任意の数の配列を作る

中身はなんでもいいから任意の数の要素を含む配列を作りたい!という時は Array コンストラクタとfill()を使うとサクッと作れます。

例:5個の要素(中身はundefined)の配列を作る

Array(5).fill();
<- (5) [undefined, undefined, undefined, undefined, undefined]

Array コンストラクタで中身が空(empty)の配列を作成することが出来ますが、中身がemptyだとmap()などで再生成したときにもemptyのままになってしまうので、fill()を使って空要素の中身を埋めます。

fill()は引数を全て省略すると、全ての要素をundefinedで埋めてくれます。

map()を使ってインデックス番号を返せば、連続した数字の配列を作ることも出来ます。この方法なら色々応用も効くと思います。

Array(5).fill().map((v, i) => i);
<- (5) [0, 1, 2, 3, 4]

関連記事

Leave a Reply