( ) WordPress

WordPress のローカル環境を一瞬で作る(Local by flywheel)

タイトルにもある通り、Local by flywheel というツールを使って WordPress のローカル開発環境を作成する方法です。ボタン一つで作れるので、WordPressに限れば、MAMPやXAMPPを使うよりも楽に作れます。

インストール

まずは Local by Flywheel を公式サイトからダウンロードして、インストールしてください。

WordPress の新規追加

(1)左下の「➕」マークのボタンをクリック

(2)サイト名とパスを設定

ADVANCED OPTIONS をクリックすると、細かい設定が行えます。

  • Local site domain … アクセスするURLです。デフォルトではサイト名.localが入ります。
  • Local site path … WordPress がインストールされるディレクトリです。これは変更できないようです(2020/08)
  • Create site from Blueprint … 構築の環境設定などを保存したテンプレートを使用します。最初は無いと思うので、「Don`t use a Blueprint」で良いでしょう。

(3)環境設定

WordPress の環境を設定します。

  • Preferred … 推奨設定を使用します。特に理由が無ければこちらで良いでしょう。
  • Custom … カスタム設定

Custom を選択すると、PHPバージョン、サーバー、データベースをそれぞれ設定することができます。これは構築後変更できないようなので、しっかり選択しましょう(2020/08)

(4)ユーザー情報設定

ユーザー名、パスワード、メールアドレスを設定します。

ADVANCED OPTIONS をクリックすると、細かい設定が行えます。

  • Is this a WordPress multisite? … マルチサイト機能を使うなら Yes にします。よく分からなければ No で良いでしょう。

(5)SSL化

サイトを構築後、対象のサイトを選択します。サイトをセキュアにしておくため、証明書を設定します。

タブ「SSL」 > TRUST をクリック するだけで https にすることが出来ます。

場所の確認

作成した WordPress のローカルパス

/Users/ユーザー名/Local Sites/

上記の場所に Local で作成したすべての WordPress のプロジェクトが入っています。画像のパス部分をクリックすれば、そのサイトが格納してあるディレクトリを開くことができます。

ドキュメントルート

<WordPressプロジェクト>/app/public
上記の場所に WordPress のコアファイルが入っています。サイトのルートとなるディレクトリです。あとはこの中に入っているwp-content/themes/に自分のテーマを作成していきましょう。

細かい設定

WordPress のバージョンを変更したい

デフォルトではWordPressの最新版が入るようになっています。調べてみましたが、任意のバージョンをインストールする設定などは無いようです。もし任意のバージョンを入れたいなら、下記の手順でバージョンを下げます。

  1. Local で新規WordPress追加
  2. 追加した WordPress を選択し、DATABASEタブに切り替える
  3. そのタブのすぐ下にあるADMINERを押すと adminer.php が開き、DBのテーブルが表示されるので、全てにチェックを入れて、削除(DROP TABLE)ボタンを押す。
  4. 次にドキュメントルートのフォルダまで行き、wp-config.php 以外の WordPress コアファイルを削除する。場所は、
    Windows/Users/YOURUSERNAME/Local Sites/YOURWORDPRESS
    Mac/Users/YOURUSERNAME/Local Sites/YOURWORDPRESS
    (もし見つからなければ、Local Sitesでフォルダ検索をかけると良いかもしれません)
  5. 任意のバージョンの WordPress のコアファイルをこちらからダウンロードし、先程のディレクトリにすべて入れる
  6. 最後に、/wp-adminにアクセスしてユーザー情報を入力する

既存のWordPressをローカル環境に移したい

今すでに運営している WordPress を Local に移すには、WebサーバとDBサーバのデータを保存する必要があります。

まず新規でローカルサイトを構築する

Local から新規 WordPress を立ち上げます。この時に入力するサイト名、ユーザー情報などは後で破棄されるので何でもいいです。

Webサーバのデータをコピーする

まず Filezilla などの FTP クライアントを使用するなどして WordPress に必要なファイルをダウンロードしてください。とりあえずドキュメントルートのファイルを全てダウンロードすれば問題無いでしょう。

ダウンロードしたら今回 Local で作ったプロジェクトのドキュメントルート(/app/public/)まで移動し、wp-config.php を除く全てのファイルを削除してください。その後で、先程ダウンロードしたWebのデータをこちらに入れます。この時、wp-config.php だけはコピーする必要はありません。

DBサーバのデータをコピーする

DB のデータを落とすときは、WordPress プラグイン「Migrate DB」を使うと簡単にエクスポートすることができます。

もしそれが使えなければ、adminer.php や phpmyadmin のようなウェブクライアントソフトを使用するか、ウェブサーバーのコントロールパネル、SSHなどで接続してデータをエクスポートします。

エクスポートできたら、Local のパネル「Database」> OPEN ADMINER をクリックし、adminer.php に飛びます。

「インポート」> ファイルをアップロード で sqlファイル選択、実行します。

URL の置換

サイトにアクセスしたときに本番サイトのページに飛んでしまう場合は、URLの置換が行えていない可能性があります。そのため、adminer.php から wp_options テーブルを確認します。

サイドナビ「wp_options」> siteurl と home

option_name カラムから homesite_url の行を探します。
URL の部分を Ctrl + クリック で編集することができます。こちらのURLはそれぞれローカルのURLに変更しましょう。

修正出来たら Ctrl + Enter か、ページ下部にある「保存」ボタンをクリックします。

まだ挙動がおかしいとき

  • .htaccess で本番サイトに向けたリダイレクトを記述している
  • DB 内で置換が必要がパスがある(あるとすれば wp_options、wp_postmeta あたり)

関連記事

Leave a Reply