( ) HTML Javascript

HTMLのscriptタグ内にあるHTMLコメントアウトについて

古いサイトを修正していると、scriptタグの中に HTML のコメントアウト(<!– … –>)を見かけることがあります。

何のために?

これは古いブラウザで script タグを認識できず、script という正体不明のタグとして認識されそのままレンダリングされると、Javascript が動かずに中身のコードがそのまま出力されてきてしまうので、その時にコメントアウトして非表示になるようにやっていた、という背景があったようです。

<!-- -->という記述は Javascript では正しく認識されずにエラーになりそうですが、この記述は例外として許可しているみたいです。ただ最近のブラウザで script タグをサポートしていないものはほぼ無いと言ってもいいので、今後このコメントアウトを気にする必要はないでしょう。むしろ、余計なコードを減らすために削除してしまってもよいのかなと思います。

もしかしたら、クライアント側があえて Javascript を切っているという可能性もありますが…今時 Javascript 無しでは快適なウェブブラウジングはできないので、なかなかそんな人はいないんじゃないでしょうか?…そう信じたいです。

関連記事

Leave a Reply