( ) Git

過去のコミットのファイルを削除する、コメントを修正する

git を使って push する前に過去の commit で余計なファイルが混じってしまった時は rebase を使います

git rebase -i コミットID

※このコミットIDは、実際に修正したいコミットIDではなく一つ過去のものを指定する。rebase は指定したコミットIDの次のコミットからスタートするみたいです。

実行すると、

pick ***
pick ***
pick ***

のように出てくるので、修正したいコミットIDの行を

edit ***
pick ***
pick ***

と、editに変更して保存します。

すると rebase が開始されて、editにしたコミットに入ることができます。このときgit statusで見るとわかりやすいです。

ファイルを消す

git rm ファイル名

コメントを変更する

git commit --amend

rebase を続行する

特定のコミット内でのやりたいことが終わったら、rebase を続行します。

git rebase --continue

editに変更したものがなければ、コンフリクトがおきない限り最後まで進み rebase が完了します。

関連記事

Leave a Reply